FC2ブログ
バージェスモンスターズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「言の葉の庭」のサイン本届いたよー!

と言う事で!

11月22日に無事アフタヌーンKCより単行本が発売された、
原作 新海誠 漫画 本橋翠『言の葉の庭』のサイン本を
本橋翠(佐伯)先生から頂いちゃいましたよー!

002_20131130085648b2a.jpg

もう本当に最後の最後にちょっこし手伝っただけなのに、
こんなスッゲー豪華なサイン本頂いちゃって、ありがたいやら申し訳ないやら!
俺の手伝った背景なんて200P中、たった6Pですよ。

それなのに作画協力に名前も描いてくれるし、
本橋翠(佐伯)先生、マンセー!マンセー!

ちゅーか、表紙がキレイ!!何この美しさ!
001.jpeg

雨に始まって雨に終わり、そして季節は過ぎゆき雪へ桜へと。

内容も本橋翠(佐伯)先生らしい情緒溢れる優しく激しい心理描写に引き込まれるし、
この「言の葉の庭」のコミカライズに本橋翠(佐伯)先生を選んだ偉い方は
見る目がありますな!

と言う事で、「言の葉の庭」絶賛発売中ですよー!
必読!必読!

[ 2013/11/30 09:07 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

アーツ前橋行って来たよー。

と言う事で!

先日は知り合いのアーティスト、ましもゆきさんが
グンマーは前橋に出来た美術館「アーツ前橋」にて行われているグループ展、
「アーツ前橋開館記念展 カゼイロノハナ 未来への対話」への作品展示と
トークイベントをやると言うので行って来ました。

こういう時に東京と群馬の中間、埼玉に住んでいると都合がいいっすな!

12_201311141726145a2.jpg

アーツ前橋は芸術文化活動の支援や振興を担う目的を含んだ新しい美術施設
なんだけど、入ってまず1Fの無料展示スペースで目に飛び込んできたのが
ましもさんの描いた壁画!

大迫力!

IMG_0353.jpg

IMG_0319.jpg

この無料展示スペースは群馬の代表的な作家さんの作品を
展示してるみたいなんだけど、
いかにましもさんが群馬で未来を担って行くアーティストであるかが分かりますな!

相変わらず俺はとんでもない人と知り合いになったなぁ。

しかも新作の作品も展示してあったけど、相変わらず細かい!
これ、テンプレとか一切使っていないフリーハンドなんすよ!

機械より卓越した職人の腕の方がより優れていると言うのを
まざまざと見せつけられる作品ですよ。

IMG_0327.jpg

IMG_0397.jpg


アーティストトークはこの壁画や新作の制作過程をプロジェクター投影しながら
語ってくれたんだけど、
いやー、普段は完成品しか見る事の出来ない絵画の制作風景を
こういう形で見れるのって、超面白いっすな!

どうやってこんな大きな壁に絵を描いたのか不思議だったけど、
なるほど、まずは紙に描いた絵を映写機で壁に投影して
そこに下絵を描いていったのかー。

地下の有料スペースには群馬にゆかりのある作家さん達の作品も飾ってあり、
また、館内にはグッズ販売のショップや喫茶店もあり、とても楽い美術館でしたよー!

帰りにはその喫茶店でましもさん達と色々話す事も出来たし、
久し振りに会えてホント良かったなー。

また作品の展示販売会があったら、ましもさんの作品購入しよう!

IMG_0572.jpg


アーツ前橋開館記念展 カゼイロノハナ 未来への対話

開館時間:午前11時から午後7時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日:水曜日、年末年始(12月28日から1月4日)
観覧料:大人800円(600円) 大学生600円 高校生以下無料
※()内は10名以上の団体料金、10月28日(月)は群馬県民の日のため無料
主催:アーツ前橋
HP:http://www.artsmaebashi.jp/

ましもゆき はじめてのペン画教室
http://tomidastudio.jimdo.com/
[ 2013/11/14 17:30 ] イベント | TB(0) | CM(0)

ピンク映画見に行って来たよ!

と言う事で!

今日は知り合いのAV女優、星野ゆずさんが準ヒロインとして出演したピンク映画、
変態夫婦 とろける寝室」の公開と、その舞台挨拶が上野オークラ劇場
行われたので行って来ましたー。

古き良き時代から延々と受け継がれるピンク映画独特のタイトルっすな!

002_201311030141185e7.jpg

001_20131103014117145.jpg
写真は転載。

見てきた映画のあらすじとしては、
愛妻家の夫が妻との営みの新鮮さを保つ為、
NTRやスワップに挑戦し、ハマって行く…と言うものなんですが、

一本の映画の中に「イメプレ」「処女×夫」「童貞×妻」「スワップ」「夫婦の営み」等、
多様に渡るバリエーションのエロシーンが出てくるので、
これはエロ漫画のストーリーを作る上で大変参考になりましたよ!

AVと違ってピンク映画は、ストーリーありきの上に必然的にエロがあるので、
エロ漫画と構造が非常に近い所にありましたな!

漫画を描く上で、漫画ばかり見ちゃいけないと良く言いますが、
エロ漫画を描く上で、こう言うピンク映画を見に行くのも、
新しいアイデアを生み出すキッカケの一環になるかもしれませんよ。

ただ、ピンク映画と言うのは本当に売れたごく一部の作品しかDVD化しない様で、
企画として過去の映画を再度上映する事はあっても、
基本的に生み出しても生み出しても短期で終了していく作品ばかりなので、
これは創作者として、本当に勿体ない世界だなーと思いましたよ。

漫画で言えば雑誌には載るけど、単行本化はされないって事ですからね。
一度世に出ても残らない。儚い世界ですよ。

今回の「変態夫婦 とろける寝室」も11月1日~11月7日までの短期上映なので、
もし気になった人は足を運ぶのも面白いかもしれませんよ!

一般映画館の入場料1,800円に比べて、上野オークラ劇場は1,600円と
200円も安い!お得!

さらにその一枚のチケットでずっと館内にいる事が出来るので、
その日上映されてるピンク映画全部見れちゃいますよ!お得!
[ 2013/11/02 23:33 ] イベント | TB(0) | CM(1)
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

伊佐美ノゾミ

Author:伊佐美ノゾミ
 
誕生日: 3月1日
出身地:長野県
生息地:埼玉県上尾市


元エロ漫画家の現編集者
ビンボーなのは変わらない。
将来の夢は大金持ち

イラスト投稿サイト

ピクシブ

BOOTHでDL販売始めました
BN0000016272_0674628463.jpg

検索フォーム
単行本取扱いショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。